トップ法律と手続き訴訟について

法律と手続き

訴訟について

労働審判手続とは異なり、厳格な証拠調べなどを経て慎重に事実を認定し、裁判所が判決の形で判断を示す手続をいいます。
労働審判手続において労働審判が言い渡された場合、労働者と使用者いずれか一方または双方から不服が申し立てられると、事件は自動的に訴訟に移行することになります。
なお、労働事件であっても、必ず労働審判手続を経なければならないわけではなく、最初から訴訟を起こすこともできます。

ページトップへ移動