ご相談から解決まで

当事務所ではB型肝炎について相談料・着手金ともに無料で承っています。また、全国8ヶ所の事務所での無料の法律相談の予約を24時間365日承っております。お気軽にお電話ください。

お電話もしくはメールでご予約

お電話もしくはメールでご予約

当事務所のB型肝炎ホットライン(0120-554-931)にお電話していただくと、B型肝炎に精通した所員がお話を伺います。感染ルートとしていちばん多いのは母子感染なので、それに当たるなどして給付金が認められなくならないか、概略をお電話で確認させていただきます。

矢印

ご依頼

ご依頼

当事務所の弁護士らの話を聴かれて納得した場合にだけご依頼ください。相談料・着手金ともに無料ですので、ご依頼の際にはお金は一切かかりませんのでご安心ください。またご依頼の際に必須のものは特にありませんので、何かの御用のついでに当事務所にお寄りするような形でもまったく問題ありません。

矢印

証拠の収集

証拠の収集

B型肝炎訴訟では、通常の訴訟と異なり、必要な証拠を予め国が例示していますので、証拠の収集でほぼすべて決まります。しかし、わかりづらい厚生労働省の手引きを見ただけでは必要な証拠がわからないのが通常です。当事務所では、戸籍事項全部証明書などの公文書から入院記録等の医療記録まで、皆さんに代わって必要な証拠の収集を行いますので、ご安心ください。

  • ※一部弁護士では収集できないものについては、ご自身で収集することをお願いする場合があります。
矢印

裁判所への訴訟提起

裁判所への訴訟提起

一定の証拠が揃いましたが裁判所に「国家賠償訴訟」という訴訟を提起します。とはいえ、書面の作成から裁判所出廷まですべて当事務所の弁護士が対応しますので、皆さんは結果だけ聞けば大丈夫です。提訴から和解までの期間は、事案にもよりますので何ともいえませんが、半年から1年がおおよその目安になります。

矢印

給付金の受け取り

給付金の受け取り

集団予防接種と持続感染の因果関係が認められれば国が和解に応じることになり、これによって発行された「和解調書」を国の窓口である「社会保険診療報酬支払基金」に提出することによって給付金等の支給の請求を行い、これによって給付金等が支給されます。和解調書を提出してから給付金等が支給されるまで、おおよそ50日程度かかると思われます。

0120-554-931

お問い合わせお問い合わせ

Copyright hiramatu-go pat. All rights reserved.

ページトップへ移動