給付金について

集団予防接種等とB型肝炎ウイルス感染との因果関係が認められた原告に対しては、病態区分に応じて、それぞれ以下の給付金等が支払われます。

病態等 金額
死亡・肝がん・肝硬変(重度) 3,600万円
肝硬変(軽度) 2,500万円
慢性肝炎 1,250万円(※1)
無症候性キャリア 50万円 + 定期検査費の支給等の政策対応(※2)
※1 20年の除斥期間を経過した方については
①現に治療を受けている方等については 300万円
②上記の方以外については 150万円
※2 20年の除斥期間を経過していない方については、600万円

上記給付金に加え、訴訟手当金として以下が支給されます。

  • ・訴訟等に係る弁護士費用(上記給付金額の4%に相当する額)
  • ・特定B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用
当事務所では、相談料・着手金は一切無料、報酬金も「給付金の12%」としています。
給付金の4%相当額が弁護士費用として国から支給されるため、お客様の負担は実質給付金の8%(※3)のみです!

→ 当事務所の費用のご案内はこちら

※3 無症候性キャリアで感染後20年経過した方は除きます。

特定無症候性持続感染者に対して、以下も支給されることになっています。

  • ・慢性肝炎等の発症を確認するための定期検査費
  • ・母子感染防止のための医療費
  • ・世帯内感染防止のための医療費

0120-554-931

お問い合わせお問い合わせ

Copyright hiramatu-go pat. All rights reserved.

ページトップへ移動